ムイ

もはやクライミング日記

名古屋市にあるボルダリングジム「PlayMountain! 名古屋」に行ってきた

名古屋市にあるボルダリングジム、PlayMountain! 名古屋に行ってきた。

playmountain.co.jp

普段近畿圏のボルダリングジム通いをしている中ではとびっきりの遠出。

目的はTHE NORTH FACE CUP 2016に出場してみることになり、その下見のためだった。

(すでに出場した予選大会は終わっており、結果は散々なものだった……いずれ書こうと思う)

従来の記事同様に写真多めでお送りします。

 店舗外観は写真を撮り忘れてしまった……。

よくある倉庫を改装したボルダリングジムで、周りは倉庫や町工場的が多かった。

名古屋市とうたうものの交通アクセスはそれほど良くない感じがした。

車で来たけれど駐車場の数もあまり多くないので注意。(近くに他の有料駐車場もないので、要注意)

f:id:kuramiya2:20150809105445j:plain

二階からパノラマ機能を使って撮った写真。

デカァァァァァいッ 説明不要!!

とにかく広い! 今まで訪れたボルダリングジムの中で一番大きい!

週末の土曜日、開店直後の10時から少し昼を挟んで16時頃まで滞在したけれど、他のジムにありがちな混雑の感覚が一切ない。

お客さんも少なめという感じもしたけれど……。

 

最大の特徴を説明し終えたところで、各写真ごとにコメント。

f:id:kuramiya2:20150809104055j:plain

f:id:kuramiya2:20150809104108j:plain

受付とショップ。

スタッフは常駐3名くらいだっただろうか。受け付けと事務作業、見回り、新課題設営に分かれているような具合。

皆さん丁寧で好感が持てた。

シューズはスカルパがメインに置いてあったような……記憶が曖昧。

小物などの品揃えが豊富。敷地の広さもあって見やすい。

色が各種そろっていて手に取りやすかったので、ロックソックスを1足買って帰った覚えがある。

caravan(キャラバン) ドラロン・ロックソックス 0132005 グラファイト M

caravan(キャラバン) ドラロン・ロックソックス 0132005 グラファイト M

 

f:id:kuramiya2:20150809105447j:plain

f:id:kuramiya2:20150809105451j:plain

f:id:kuramiya2:20150809105514j:plain

ただでさえ広いジムなのに、さらに2階部分まである。

2階は休憩場所、着替え場所、荷物置き場、自販機、貴重品ロッカー、ストレッチ場所、トレーニング場所など。

着替え場所は同性ないで区切られておらず、一度に着替えられるのは4人ぐらいが限度かな?

ストレッチ場所はトレーニング場所と場所を共有している。

f:id:kuramiya2:20150809105506j:plain

アップ用の壁……なのかな? それとも子供用?

結構小さな子供さんが登ってはしゃいでいた。

こんなものを作れる余裕のあるところがすごい。

f:id:kuramiya2:20150809105456j:plain

小型のスラックラインなんかも置いてあったり。

設備の充実度が半端ないぞ……。

f:id:kuramiya2:20150809105119j:plain

1階には棚とトイレ、手洗い場、足洗い場、シャワーもあり。

シャワーは有料100円、だったような。

外に喫煙所もある。

 

本題の壁と課題について。

(※このあと数カ月後にTHE NORTH FACE CUP 2016が行われており、その影響で大部分はホールド替えが行われている)

f:id:kuramiya2:20150809104131j:plain

このジム最大の特徴と思われる、曲面で構成された壁。

非常にザラザラしておりスメアが効く。(もちろん肌がすったら痛い)

クラック(岩のひび割れ)まで再現しているところもあり、ジャミング(手をはさみ入れる)なんて室内ボルダリングではめったに使わない動きを要求されたり。

強傾斜からの這い上がり課題が多め、いわゆるトップアウト(上まで登り切ったらゴール)で終わる課題のみ。

物珍しいけれど、課題が面白い!という感じでもなかったような。

f:id:kuramiya2:20150809105234j:plain

f:id:kuramiya2:20150809105237j:plain

先ほどの写真の裏側。

左に行くほど簡単な、子供用の課題が増えていく。

子どもと大人が分離できており、事故が起こりにくい良いジム構成だと思う。

滑り台で降りることができるのも面白い。

もしかするとここは親子連れで来ると一番楽しめるジムなのかもしれない。

f:id:kuramiya2:20150809105040j:plain

f:id:kuramiya2:20150809105152j:plain

先ほどの壁から向かって左。メインとなる壁。

右から順に垂壁、やや傾斜、強傾斜、やや傾斜、みたいな壁構成となっている。

同時に8人くらい登れそうなほど広い。

課題の感触としては癖のないスタンダードな物が多く、様々な課題がまんべんなく取り揃えてあるような気がした。

壁の広さを利用して大物のスローパーホールドがいくつもくっつけてあり、他のジムではなかなか触れられないようなホールドを触るのも楽しい。

f:id:kuramiya2:20150809104045j:plain

f:id:kuramiya2:20150809104120j:plain

f:id:kuramiya2:20150809105100j:plain

f:id:kuramiya2:20150809105208j:plain

ジムの真ん中にある、貝柱のような壁。

非常にツルツルでスメアが効きにくい。付いているホールド、課題もクセのあるものが多く、コンペ的な感じがした。

少しこちらに挑んで、まるで歯が立たなかったらスタンダードな課題に戻る、みたいなこともできるので安心。(ヘタレ)

f:id:kuramiya2:20150809104033j:plain

リードクライミング用の壁まで用意されている。

あいにく時間がなかったのでやらなかったけれど……。

いずれは触ってみたい。

 

まとめの感想。

なんというか、広くて何もかもがそろっていて、圧倒されっぱなしだった。

こんなジムが家の近くや通勤路の途中にあれば楽しいだろうな、という気持ちでいっぱい。

名古屋、愛知のボルダリングジムの充実具合とかは知らないけれど、間違いなくココは総評的に最上級に位置するジムなんじゃないかと思う。

通いつめたらまた違う感想があるのかもしれない……でもビジターとして楽しむなら文句のないいいジムだった。

初めての人、初級者から上級者まで、お勧めできる場所です。