ムイ

もはやクライミング日記

京都府長岡京市にあるボルダリングジム「ルカ・ラ・ガーム」に行ってきた

ボルダリングジム探訪記。

今回は京都府長岡京市にあるボルダリングジム、ルカ・ラ・ガームに行ってきた。

climbing gym RUKA RA GHAAM

1回行っただけで、もう1回行きたい!と感じるようないいジムだった。

f:id:kuramiya2:20151017102757j:plain

※この記事は2回目の訪問後に書いた。写真は1回目の訪問時のもの。

ホールド替えは行われていない模様。

アクセスについて

阪急の駅、西山天王山駅から歩いてすぐ。

また、京都縦貫自動車道長岡京ICからも近い。

このことからアクセス性はそこそこいい。

ただし、JR沿線からのアクセスはあまり良くない(阪急への乗り換えが面倒)。

自分の家はJR沿線で面倒なので車を使って行った。

 

町工場のガレージを改装して作られたよくあるタイプの郊外型のジム。(外側の写真を撮り忘れた……)

郊外型のジムの割に、長岡京という混みあった場所のためか駐車場が10台分もない。

車で行く方は要注意。

ジムの構成・課題について

施設案内のページに大まかな詳細が記載されている。

http://www.rukaraghaam.jp/1_facil.html

 

せっかくなので写真で細かく紹介。

f:id:kuramiya2:20151017102456j:plain

受付と下駄箱、右側にあるのがストレッチスペース。

左側奥にはトイレ、洗面台(手洗い場)、レンジなどがある。

帰る直前に気づいたけれど、レンジの周りには電気ポットやコーヒー、紅茶などがあり、自由に飲んでいいらしい。惜しいことをした。

 

下駄箱、玄関付近は大きく、快適。

ストレッチスペースにはまだ春ということもあってか絨毯の下にホットカーペットが敷いてあった。これまた快適。

玄関は窓サッシだけでなく網戸にもなったりして、風通しがよく気持ちがいい。

 

このジムの良い特徴はだ。

ほぼ全面が床張り、木で構成されている。

これが非常に手触り足触りがよく、心地いい。

国内の木材を使用していますという印字が木材の所々に見えてあり、こだわりが感じられる。

そういえばこのジムの名称、ルカ・ラ・ガームは樹と陽光という意味らしい。

木に並々ならぬこだわりがあるんだろうか。

垂壁とゆるい傾斜

f:id:kuramiya2:20151017130208j:plain

f:id:kuramiya2:20151017103104j:plain

広い!

課題にもよるけど同時に3人は登れる広さ。

この垂壁のサイズは京都ではなかなかない。(次点でnoahだろうか)

 

垂壁といえば最初に初心者が触れる壁、課題だけれど、これがなかなか難しい。

f:id:kuramiya2:20151017102449j:plain

グレード表。白と黄緑は足自由。

この白でも、いきなりアンダーで持つホールドなどが現れたりと、素直な課題がない。

未経験の初心者にはあまりおすすめできないジムかもしれない。

思い返すとスタッフが初心者に指導しているところを見ていない。経験者ばかりが訪れている模様。

 

垂壁の課題は手が悪い(スローパー、小さいホールド)、遠い、ヒールをうまく使うもの、小さくて乗り込みづらい足場など多種多様。

難しい。でも、ちょうどいい難しさという感じがした。もう一言言うなら、ためになる難しさがあった。

課題の質がいい。素直にそう感じる。

ルーフ、トンネル

f:id:kuramiya2:20151017102510j:plain

f:id:kuramiya2:20151017102541j:plain

壁構成が素晴らしいと思う。

いろんな角度壁がうまく組み合わさっている。

そのおかげで様々な種類の課題が楽しめる。

トンネルの奥、マントル壁、強傾斜

f:id:kuramiya2:20151017102836j:plain

f:id:kuramiya2:20151017102904j:plain

f:id:kuramiya2:20151017102900j:plain

f:id:kuramiya2:20151017102849j:plain

強傾斜の壁には初心者向けの課題はあまり見当たらない。

基礎的な筋力、体幹が身についてからでないと触らせないという考えっぽい。

マントル壁の課題は自分が苦手なのかもしれないけれど、どれも難しい。

 

思い出したことを1つ。

一つ課題を登り終えて降りるときに持つホールドに何度か悩んだことがあった。

このジムには他のジムにあるような、ガバガバなホールドがあまりない。

どれも手を素直に休められないものばかり。

そこら辺が課題の良さを生み出しているのかもしれない。

 

書き忘れたけどトラバース課題もある。

垂壁~強傾斜と難度も様々。

その他ジムの設備

f:id:kuramiya2:20151017102531j:plain

キャンパスボードももちろんある。

この裏側にも指用、懸垂用のキャンパスボードがついていたり。

f:id:kuramiya2:20151017153936j:plain

2階は休憩スペースと着替えスペース。

ロッカーはないので注意。

ゴミも持ち帰り制なのでこれまた注意。

 

近くのコンビニ(ローソン)、スーパー(万代)は歩いて5分ほどなのですぐご飯やおやつを買いにいける。

いい立地だ。

f:id:kuramiya2:20151017103047j:plain

f:id:kuramiya2:20151017153149j:plain

ショップの品揃えは他と比較してかなりいいように感じた。

現物が多く置いてあるのが良い。

ライミングシューズは有名どころ(FIVE TEN、スポルティバ、スカルパ)はすべて揃っていた。

f:id:kuramiya2:20151017153205j:plain

変わった特徴として。このジムには犬がいる。

1回目に訪問した時はずっと寝ていたけれど、2回目訪問した時は吠えてややうるさかった。

あまり人になついている様子もない。

チョークの埃とか大丈夫なんだろうか。

総評

f:id:kuramiya2:20151017130218j:plain

すごくいいジムだ。

家から行きやすいなら絶対会員になっているか、かなり頻繁に訪れていると思う。

このジムについて良くない噂をほとんど聞いたことがない。行った人皆満足している印象がある。

 

壁と課題の種類が豊富で飽きない。

そのおかげで様々なムーブを習得できる。

 

京都近辺のボルダラーにはぜひ一度訪問することをお勧めしたい。