ムイ

日記とメモと愚痴

滋賀県草津市にあるボルダリングジム「カラーズ」に行ってきた

滋賀県草津市にあるボルダリングジム「カラーズ」に行ってきた。

滋賀県で3つ目のボルダリングジムだ。

f:id:kuramiya2:20160814130750j:plain

colors-climbing-gym.com

この記事ではそこで登った個人的な感想を書いている。

立地について

南草津駅から歩いて15分。

駐車場が5台分ほどしかない。やや狭いので停めやすいというわけでもない。

近くに大学が多いためか、南草津駅からのバスが豊富なのが救いだ。

正直に言うとそれほどアクセスのいい場所じゃない。

f:id:kuramiya2:20160814101503j:plain

小学校の裏手にあり、ジムの両隣が普通の民家。

うまく説明できないけれどなんだかすごく不思議な気分になった。

店構えはよくある元工場を改装したというスタイル。

ライミングウォール・設備について

f:id:kuramiya2:20160814101600j:plain

ライミングウォール全景。

それほど広いジムじゃない。一度に登れる人数は7人ぐらいだろうか。

3D形状のウォールじゃなく、90°から少しずつ斜度を上げ、最後にルーフがあるというよくある壁構成。

f:id:kuramiya2:20160814101823j:plain

f:id:kuramiya2:20160814101838j:plain

f:id:kuramiya2:20160814101854j:plain

f:id:kuramiya2:20160814101903j:plain

スタッフにリードクライミング好きがいるらしく、トラバース課題が多くあった。

どれもやりごたえがあっていい感じ。

f:id:kuramiya2:20160814103013j:plain

ボルダリング課題は奇抜なものは少なく、いい意味で平凡な感じがした。

下4つのグレードまで足自由というのには驚いた。

5級で足自由、4級から足限定って珍しい気がする。

f:id:kuramiya2:20160814101908j:plain

キャンパスボードもある。

f:id:kuramiya2:20160814103000j:plain

子供専用のクライミングウォールがある。

L字になっているので複数人の子供が同時に登ってハラハラするシーンがあった。親御さん注意。

f:id:kuramiya2:20160814103027j:plain

休憩スペース。レンジもポットもある。

テーブルは一脚しかないものの椅子が多いので問題なし。

全面絨毯張り(というのかな?)なので、どこでもストレッチができる。

その他の印象

立地場所が大学の通学路近くなので大学生が多いかと思ったら親子連れぐらいしかいなかった。

常連客も2人ほど。非常に空いていた。

スタッフも一人のみ。

これは訪問時期がお盆の真っ最中だったので、イレギュラーな光景なのかもしれない。

 

滋賀県にはボルダリングジムが現時点(2016/09)で栗東(ko-wall滋賀)、彦根(グッぼる)、そして草津(カラーズ)しかない。

(大津、イオンモール草津に大阪にあるボルダリングジム、ロックメイトの2号店、近江八幡にグッぼるの2号店ができるという噂あり)

もしも滋賀県の南部で初めてボルダリングをしようと思うなら、栗東のko-wall滋賀よりもこのジム、草津のカラーズをオススメしたい。

栗東のko-wall滋賀は一部を除いて傾斜がきつく、一般的なボルダリングジムとは言いにくい上、初心者課題が鬼のように難しい。カラーズなら初心者同士で和気あいあいと登れる気がする。

一方でボルダリング経験者にとっては平凡なジムすぎて満足できない気もする。遠方からわざわざ訪れるようなジムとは言いにくい。そういう方はko-wall滋賀のほうが楽しめるはず。

 

ただ一つ、少し気になったところがある。

常連客の一人が5級くらいの課題のムーブについてスタッフに質問しているところを見たのだけれど、スタッフはその課題を登ったことがないのでよくわからないと答えていた。

自分の勤務先のジムの課題を登っていないのって、どうなの……?

スタッフがジムの課題の特色、危険性を十分に把握していないってことなのでやや不安な気持ちになった。大丈夫なのかな。