ムイ

もはやクライミング日記

2018/04/13 充実の河原

風と日差しの強い日。

平日の休みを使って、地元の河原で外岩ボルダリングを楽しんできた。

f:id:kuramiya2:20180413133724j:plain

 

土日が雨、金曜が晴れということで慌てて平日に外岩ボルダーに付き合ってくれるメンバーを募い、少人数で出発。

自分以外はこの岩場は初めての人を連れて、前から登ってみたかった少し離れた岩へ。

 

道中、触ってみたい課題のある岩の下地の様子を確認していく。

f:id:kuramiya2:20180413100147j:plain

山猫廻し 1級……ダメだ。川の流れが変わって下地が完全に水に浸かっている。

かなり時間をおかないと、まともにトライできる状況にならなさそうだ。

f:id:kuramiya2:20180413100227j:plain

ド・パンチ 1級……これも同じく。残念。

f:id:kuramiya2:20180413101051j:plain

目当ての岩は問題ない。よし。

 

岩をグルっと回って、まずはアップ用課題を作成して登ることにした。

(元からある課題で、自分たちが知らないだけなのかもしれない)

f:id:kuramiya2:20180413211724p:plain

左ルートは右側上部を限定。

自分も1つ適当に作ってみた。

f:id:kuramiya2:20180413214604p:plain

マントル課題。5級くらいかな?

 

続いて、他の人のブログでちょこっと紹介されていた課題に挑戦。

f:id:kuramiya2:20180413215036p:plain

右ヒールを高くかけてマントリングする課題。

最初は左側のカンテを頼りにしていたものの、カンテを右手で持っても全く効かない。

覚悟を決めてカンテを使わず、マントルムーブに専念したところ、登れた。

マントルが決まった時が非常に気持ち良かった。2級くらいだろうか。

最近マントル課題と相性が良いな……苦手意識があったけれど、もしかしたら得意系になってきたかもしれない。

 

アップは十分。

ようやく本題のテクノポリス 初段に取り掛かる。

f:id:kuramiya2:20180413101051j:plain

スタート手、足が悪い。一手目の左カチが遠い。上部は簡単そう。スタート核心の課題なのかな?

最初はムーブの試行錯誤でモゾモゾして全く距離が出なかった。

スタート左足にしっかり乗り込むためにフラットシューズのアナサジレースに履き替えて挑み続けたところ、徐々に距離が出て、ついに止まった。

上部のことをあまり考えていなかったので途中焦ったけれど、無事完登。

 

帰りに別の人が登っている動画を見てみたら、一手目は右を出していた。

もしかすると左のカチは限定されていたのかもしれない。今度来たらその条件でやってみることにする。

楽しみが増えた。

 

昼過ぎに下流の方へ移動。

この岩場が初めての人に紹介するには見栄えの良いBeautiful Dayの岩へ。

f:id:kuramiya2:20180413143904j:plain

雪解け水なのか、それとも一昨日の豪雨の影響なのか。

水量が多く岩伝いに対岸へ渡ることができない。

流されたのか岩の配置も変わっていそうだし……不便になるなあ。

 

とりあえずLucky Smile 4級の再登から。

f:id:kuramiya2:20180413135254j:plain

問題なく完登。

 

続いて以前敗退したBeautiful Day 初段に再挑戦。

f:id:kuramiya2:20180413160526j:plain

ガバが多く、完登した人はみな「これ2級くらいじゃないの」と言う疑惑の初段。

前回挑戦したときはスタートの左ヒールが決まらなかったり、上部の抜けでヨレたり。

どうにも恐怖心が拭えていないせいか、動きがぎこちない。

一つ一つバラしてムーブを解決、恐怖心を取り除いた後に一気に繋いだところ……完登できた。

一つ宿題が終わり、ホッとした。

 

最後に前から触ってみたかった名前のわからない3級の課題に挑戦する。

f:id:kuramiya2:20180414075911p:plain

まずは左抜けから。ちょっと舐めていたところがあって手足が落ち着かず何度か落ちた……完登。

試しに下部からのマッチスタートにしてみたところ、かなり難しくなった。これは敗退。1級くらい?

最後に右抜け。こちらほうが簡単。一撃完登。

 

簡単なものからちょうどいいやりごたえのあるものまで、多くの課題を登ることができた。

その上成果もあり、大変充実した一日となった。

 

楽にアクセスできる期間はあと僅か。もう一度来たい。