ムイ

もはやクライミング日記

2018/07/14 大雨の後、単独の外岩

中国地方に未曾有の被害を出した豪雨の次の週。猛暑日

地元の河原で、久しぶりに単独で外岩ボルダリングを楽しんできた。

f:id:kuramiya2:20180714094401j:plain

 

単独+猛暑+大雨のあとということで、慎重に行くことに。

仲間で多くマットを敷いてワイワイ登るのも楽しい。でも、たまにはこういう機会がないと自分がやっているクライミングという行為をただのスポーツと勘違いしてしまう。

楽しさと危険と面倒臭さ、希望と失望をないまぜにしたものを味わっておかないとクライミングの真髄は見えてこないもんだ。

と未熟ながらも思う。

 

できれば宿題となっている課題に挑みたいので、まずは渡渉ポイントを確認。

f:id:kuramiya2:20180714060141j:plain

あー、無理。

大増水の影響で河の流れが変わり、砂地が大きく削られてしまった。

下流にある水位計測ポイントのデータでは水位は下がっているはずなのに、どう見ても水が多い。

いつもは岸から漏れ出すように注いでいる水も小川のような量になっている。

たった1週間じゃ山の蓄えている水は減らないらしい。

f:id:kuramiya2:20180714061211j:plain

f:id:kuramiya2:20180714061730j:plain

他の課題のある岩にも下地が削れたり、大きな影響があった。

とはいえよくあることらしい。色即是空・空即是色の有り様を示している。

一通りぐるっと回って渡渉は諦めた。

右岸でできる課題をやっていく。そして課題を作って登っていく。

 

まずは既存課題から。

山椒は小粒でも辛い 3級

f:id:kuramiya2:20180714065345j:plain

持てそうで実際持てる、でもちょっと辛い多くのホールドに惑わされながら何度が落ちつつも完登。

次、左隣にある山椒はピリリと辛い 3級。これはオンサイト。

実際は4級くらいじゃないのかな。

 

もう大移動しないと打つ課題がないので、プチ開拓を行う。

ツキノワグマの岩の裏側に挟まっている流木。

f:id:kuramiya2:20180714063412j:plain

これを取り除いて、下地の岩も少しどかして……。

f:id:kuramiya2:20180714085356j:plain見栄えの良い強傾斜が現れた。あつらえむきに、スタートホールドもちゃんとある。

これは整備したかいがあったぞ。

 

まず1つ。

f:id:kuramiya2:20180715103619p:plain

ガバを使って素直に直登。オンサイト。

ちょっと狭くてスタンスが悪い。こぐま 4級で。

 

これだけじゃもったいないので、一手目の右手ガバを限定。飛び出しでスローパーを止められないか試してみる。何度かやったところ、無事完登。

f:id:kuramiya2:20180715104043p:plain

ジャンピング☆くまちゃん 2級で。

自分の苦手な系統の割に、まあいい感じの課題ができたんじゃないかと思う。

 

岩の裏側に回ってさらに作ってみる。

f:id:kuramiya2:20180715104327p:plain

狭いところから這い上がる。大して面白くなかった……。

しけしけ 4級で。

 

暑さを避けるために早朝から登っていたので、昼前にはお腹が減っていた。

熱気で食欲が無くなる前に食べておいて、移動。

駐車場からさらに上流に移動して、岩を物色していく。近くに影のない場所はダメだ。すぐ熱でやられてしまう。

f:id:kuramiya2:20180714105509j:plain

記憶が確かなら、この岩は別の向きで立っていたはず……。濁流で足場の岩が崩れて倒れたらしい。

ラインが見えたので下地を整理して課題作りに取り掛かる。

当初は左のクラック沿いに抜けていくルートを考えたのだけれど、一手目がわからずプロジェクトに。

代わりに直登が見えたのでそれに挑む。

f:id:kuramiya2:20180715105300p:plain

これには苦労した。狭いスタート、悪いスタンス(特に左足の置き場)で伸び上がるのになかなか慣れなかった。

うぎゅん 2級で。

f:id:kuramiya2:20180715105528p:plain

時間は正午を過ぎて暑さも正念場。風もあまりなく、32℃くらいだったはず。

うぎゅんを登れて元気が出たので、もう一本挑戦。

f:id:kuramiya2:20180715110120p:plain

まあ簡単なマントルだろうと思ったらスタンスがない。

ヒールをかけてスタートしようにもだめ、飛び出しても返せず……スタート体勢と一手目を定めるまで悩んだ。

わかると楽な類いかな?

くいっか 2/3級で。

 

もう少し登っていられそうだったけれど、影も少なくなってきたので撤退。

ホームジムに寄ってゆるりと登って帰った。

 

一人での外岩ボルダリングを再確認、課題作りも含めて十分に楽しめた一日だった。