ムイ

もはやクライミング日記

2019/06/09 梅雨の合間@地元の岩場

梅雨入り秒読み、というかもう梅雨と言っていい空模様。午後からは雨予報。

地元の岩場で少しだけ外岩ボルダリングを楽しんできた。

f:id:kuramiya2:20190609220636p:plain

 

午後から雨でも、幸いなことに曇り空で気温はあまり上がらない。

行けるならなら行くしかないよなーと近場の岩場へ。

狙いはノックは無用(蝉スタver) 初段だ。

すっかり完登済みの気になっていたのだけれど、あとで記録を見返してみたら1級バージョンしか登っていなかった。

その上、最近足に使っていた部分が崩壊したと聞いた。それによって「難易度は変わらないよ」という声を聞く一方で、「めっちゃ難しくなったわ」という声も聞き、真偽の程はどうなのか確かめに行くことにしたのだ。

 

この季節だから駐車場にガラガラだろうなーと思って行ったところ、ほぼ満車でびっくりした。

開拓者の方たちが朝練?なのか外岩講習のようなものを開いておられたようだった。

その際、欠けたという部分についても教えていただいた。

f:id:kuramiya2:20190609221549p:plain

平らな広い足置き場が生まれている。これは簡単になる形では……?

 

まずはアップから。サブマットを持って柿の木ハング 5級を2回登り。(2回目は左カンテを限定)

f:id:kuramiya2:20190609221850p:plain

 

続いてステルスキラー 6級を登った。

f:id:kuramiya2:20190609221932p:plain

いつもなら最初はスタートの足置きが安定せずずり落ちる課題。これが苦もなく置けた。外岩の経験値がたまってきたおかげかも知れない。

 

そしてメインのノックは無用(蝉スタver) 初段に挑戦開始。

f:id:kuramiya2:20190609222154p:plain

その前に念のため、後半部分である満開 4級を登った。

これは足置き場が広くなったため、簡単になった気がする。

 

蝉スタの動きを忘れていたけれど、何回かやって思い出し、満開につなげるところまで進む。

しかし、そこで詰まった。以前は崩壊した部分のてっぺんにあった足置き場に左足を置いて右足でフラッギングを決めて重心を左へ、上手くバランスを取って右手をポケットに出していたのだけれど。

それが足場が低くなったため左手の負荷が高くなり、フラッギングを決める余裕がなく、重心が左に行かず、右手のポケット取りの負荷が上がり……結果、そのムーブがこなせなくなった。

実際それで登っている人もいるようなので無理ではないのだろうけれど、自分には厳しかった。

 

午後から雨で、午前は曇りじゃなかったのかよと文句を言いたくなる妙な日差しに打たれつつ、あーでもないこーでもないとムーブを探りまくる。指先の皮が削れまくる。

2時間後、あとから来た仲間が合流後しばらくして、遠い左カチを掴んで足変え、右ヒール置き、左足スメアで右手寄せ、というあんまり見ないムーブに落ち着いた。バラし完了。

「これがワイの最適解や!」とドヤ顔をしたけれど誰もムーブをパクらなかった……。

f:id:kuramiya2:20190609220636p:plain

さてつなぐぞーといったところで雨が降り始めた。

小雨降る中3回ほどトライするも繋がらず、結局敗退となった。

もう少しムーブ解析を早く済ませていたらなー。

 

敗退の割に一人でムーブを作れたことに妙な満足感があった。

「せっかくだから昼飯にラーメン食べて帰るぞ!」と強い思いを胸に抱き、目星をつけたラーメン屋に突撃。

スープ売り切れで営業していなかった……。

 

天下一品のこってりを食べて、室内リードで夜まで追い込んで帰った。

 

梅雨に差し掛かろうとまだ登る機会はあるし、登りたい課題もある。

しばらくはこんな感じのエンクラでいくぞー。