ムイ

日記とメモと愚痴

飯と常態

f:id:kuramiya2:20130908222515j:plain

自分の精神状態を図る一つの要素として、飯のうまさまずさがある。

うまいはずのものがまずい。あるいはまずいはずのものがうまい。

前者はわかりやすいけど、後者はわかりにくいかもしれない。

まあ、普段食べない脂っぽいものを連続でいってしまうとか、そういうたぐいのものだと思えばいい。

精神状態が味覚に影響を及ぼしている。摂食障害の初歩の初歩の段階。

 

つまり飯を常にうまく感じる状態ってのが、自分の求める常態といえるんじゃないか。洒落ではなく。

 

メシウマ常態を目安に生き方を探せばいいんじゃないか。

 

と自分のメシウマ常態がどこなのか振り返ってみたら、日帰り小旅行している時の飯が一番うまい。

 

そこを常態にできるのか?それってアカンのちゃうか。

 

写真は酒ディスカウントで見つけた缶詰。

想像していた味よりも劣ったので、イマイチとする。

今日の飯の味は65点。